​【満行寺沿革】

毛利家家臣、坪井玄蕃満行は、石山の合戦のとき毛利家から本願寺を助成するために派遣され、戦功があったため本願寺第十一世顕如上人に謁する機会が多く、上人に帰依し出家して祐伝と号した。吉田に帰り、上殿という古い寺のあった地を毛利輝元から下され、天正年間(1573~91)に一宇を建立した。自身の諱をもって寺号とし、土地の名を山号{後年、現在の山号(浄殿)に改める}とした。毛利輝元が広島へ移ったので寺を嫡子祐善に譲り、次男玄徳と共に広島へ移り小庵(現在、広島市東白島町万行寺)を結んだ。防長移封のとき祐伝・祐善は萩に移り、慶長十年(1605)今の地に建立したのが萩満行寺の始まりである。

開基   祐伝(文禄二年没)

第二世  祐善(明暦三年没)

第三世  忍誓(元禄十年没)

第四世  玄超(宝永五年没)

第五世  天瑞(宝暦四年没)

第六世  祐瑞(安永八年没)

第七世  恵安(文化五年没)

第八世  祐淳(天保九年没)

第九世  円乗(安政五年没)

第一〇世 乗龍(大正十四年没)

第一一世 乗信(昭和十四年没)

第一二世 正弘(昭和十九年没)

第一三世 昭憲

第一四世 隆範

      

満行寺住職 ​坪井 隆範